鼻づまりで苦しんでいる方の処方箋|楽に呼吸ができる

先生

難聴でお悩みの方々へ

男性

補聴器の選び方としては、自分の難聴程度に合ったものを購入することが大切です。病院などで事前に検査を受けると良いです。最近では悪徳業者による詐欺被害が多発しています。このことに注意しつつ、周りの人と相談しながら購入を進めていく必要があります。

もっと読む

ポジティブになるアイテム

レディ

補聴器と言うと地味なイメージが強くありましたが、近年では豊富なデザイン・カラーが登場しています。そのため、明るい雰囲気の販売店も増えており、初めて来た人は驚かれることもあります。選ぶ人もポジティブな気持ちで選ぶことが重要となります。

もっと読む

上手に借りて賢く買う

耳

補聴器のレンタルは便利なシステムですが、利用する時には完璧さを最初から求めない、という注意が必要です。むしろ、購入など次へ進むためのステップと捉えましょう。また、補聴器には様々な種類があり、レンタルも短期と長期とがあります。シーン毎の使い分けに利用するなど、上手に使って前向きに生活を楽しみましょう。

もっと読む

鼻水がつまった状態を解消

女性

吸引と細菌の増殖防止

鼻づまりとは、鼻の中にたまった鼻水によって、呼吸が困難になってしまう状態です。鼻からは、空気中の細菌が入り込むことがあるのですが、これは免疫力によって撃退されます。そしてその死骸が、鼻水となって排出されるのですが、排出がうまくおこなわれないことで、鼻づまりの状態になります。したがって鼻づまりは、耳鼻科で鼻水を吸引してもらうことで解消されます。ところが細菌が鼻の中で多く増殖していると、新しい鼻水が作られるため、再び鼻がつまってしまいます。また、細菌は鼻の横や上にある副鼻腔に入り込み、そこでも増殖することがあります。すると副鼻腔炎や蓄膿症を発症するリスクが高くなるので、鼻水の吸引だけでなく、細菌の増殖を抑える治療を受けることも肝心とされています。

細菌が原因ではない場合

細菌が侵入していなくても、鼻からは衛生状態を良くするために、ある程度の鼻水が排出されます。しかし鼻が炎症を起こしていると、腫れによって鼻水の通り道が塞がってしまいます。すると、細菌の影響を受けていないにもかかわらず、鼻づまりの状態になることがあります。この場合は、鼻水の吸引に加え、炎症を抑える治療が必要となります。抗炎症作用のある薬によって炎症を起こしにくい状態にすれば、鼻水がスムーズに排出されることで、鼻づまりは改善されていくのです。また、人によってはアレルギーによって頻繁に炎症を起こしてしまうこともあります。これをアレルギー性鼻炎というのですが、この場合は、少量のアレルゲンをあえて投与することで、それに対する免疫力を高めるという治療がおこなわれることもあります。